<< 『十九歳の地図』 中上健次 キラキラ >>

ハルキイズム

村上春樹さんの最新作が今日発売らしい。なのに喰いたい気分にならない。心の中は「ゼラ!ゼラ!ゼラ!!!」でいっぱいだから。
正しい人はタミヤが好きだろう。私だってタミヤが好きだ。正しくてかっこよい。「俺たちの光クラブを守ろう!」君こそが真のリーダーだ。だけど私はゼラを求めるのだ。「頭のネジがゆるんでるんだよ」孤高、独裁、嫉妬、猜疑心、破滅、全ての邪な心がなぜかとても人間的に思えて、泣けてくる。
『ライチ☆光クラブ』ネット界でもカルト的なサイトがあり、集う人はそれはもう光クラブを神聖化しちゃっていてヤバイかんじ。毎晩枕元においてうっとりと眺めてたんだけど、ただ今布教の旅に出ております。早く帰ってきて~ゼラ様!
あ、こんなに激お薦めしてますが、血しぶきと脳髄・内臓噴出が全編にわたって描かれてますんで、加えてBL的シーンもあり、受けつけない人には薦めません。
そんで『1Q84』 誰か読んでみて面白かったら貸してください。
え、そんな扱い....?かつては春樹さんを神聖化してた私なのに、もう引き返せない....
....でも読んだらきっと「心が震える」とか言っちゃうんだな、これが(笑) それに『ノルウェイの森』の映画も観にゆきたいし。松ケンは「ワタナベくん」っぽいと思う。
[PR]
by ruriwo_m | 2009-05-29 23:41 | 本・映画
<< 『十九歳の地図』 中上健次 キラキラ >>