<< 『更年期少女』 真梨幸子 『白昼の死角』 高木彬光 >>

漫画 『人間失格』 古屋兎丸 1~2既刊

e0144293_22471516.jpg
ネットで見つけた日記。そこには三枚の画像が貼られていた。
引きつった笑みを浮かべる幼児。
誰をも惹きつける美青年。
そしてまるで生気のない老人の顔をした25歳の同じ人物。
その日記は「恥の多い人生を送ってきました」という一文から始まっていた。

言わずと知れた太宰治の代表作『人間失格』を現代を舞台に焼きなおした作品です。
主人公である大庭葉蔵は、恵まれた裕福な家庭に育ちながらも、人間という生きもの、生きていく術というものがまるでわからず、美形で愛想のよい長所(?)を生かし道化を演じ女に寄生しなんとか生きている日々。そしてなにかに誘われているかのようにどこまでも落ちてゆく。

「一緒に死んでくれないか」
こんな言葉を発せられたら、酸欠起こして心中の前に死んでしまいそう(笑)私が一番憧れる科白だな~。
残念ながら、そんな科白を言ってくれるヒトはいなかったけど。それでも(死も選べるんだ)と教えてくれた、私にとっては大きな心の支えになった小説です。

とはいえ、ずいぶん昔に読んだので、正直ほとんど内容を忘れてしまっていて、とても新鮮な気持ちで読みました。大好きな兎丸さんの絵柄は美しく、時にリアルで怖いほどです。

そして、意外やこの漫画のストーリーが元小説に忠実であることが、生田斗真主演の映画を観てわかりました。アイドル映画(と今でもいうのか)なんで思い切った描写はありませんが、薄暗く明るい昭和初期の街並みや人々の雰囲気がよかったです。
昔小説を読んでストーリーを忘れてしまった方へこの漫画と映画をお薦めします。
[PR]
by ruriwo_m | 2010-03-31 23:34 | 本・映画
<< 『更年期少女』 真梨幸子 『白昼の死角』 高木彬光 >>