<< ブカツ! 漫画 『人間失格』 古屋兎丸 ... >>

『更年期少女』 真梨幸子

e0144293_1313929.jpg
往年の人気少女漫画『青い瞳のジャンヌ』をこよなく愛するファンクラブのトップグループ「青い六人会」。それは、少女期を少女漫画にどっぷり嵌り込んでいたオバサンたちのサークル。
池袋のレストランに集う彼女たちの格好はというと、どこぞのスーパーで購入したような、派手だか地味だかわからない装い。安い化粧品をただ塗ったくったような顔。レストランのボーイの苦笑も気付かず、当時連載打ち切りとなり少女期のトラウマとなった『青い瞳のジャンヌ』について熱く語り合う。
そのうちに、メンバーが一人消え二人消え...メッタ刺しの惨殺、線路に突き落とし、と事件は暴走の一途をたどる。

彼女たちにはそれぞれ日常生活のストレスがあり、それは、夫婦の不仲、親の介護、借金とありふれていて、サークルにのめり込むのも現実逃避にみえます。そして楽しいはずのサークル内でも、嫉妬やひがみといった女性ならでは、もっというと、更年期に差しかかった40代オバサンのそれで、もう、読んでいてリアルすぎて気持ちがわかりすぎて胃が痛くなりそう!

ミステリーとしてはあまり良質といえませんが、習い事に嵌るのもヨン様に嵌るのも全て更年期の現実逃避!と考えると、私も更年期少女の素質大なんで、小説が現実となって背後から迫ってくるようで怖いな~。

アラフォー女子にお勧めします!
[PR]
by ruriwo_m | 2010-04-12 13:43 | 本・映画
<< ブカツ! 漫画 『人間失格』 古屋兎丸 ... >>