<< ココロユサブルモノ ヒマナオバサン >>

『呪いのB級マンガ~好美のぼるの世界~』 唐沢俊一&ソルボンヌK子

e0144293_10541291.jpg
昭和の貸本漫画全盛期に、貸本業界の手塚治虫と呼ばれた漫画家がいた!
水木しげるさんから貸本に興味を持ち、手に入ったのが、もっと以前から貸本漫画を研究しておられる(さすが!)唐沢俊一さん編集のこの漫画。好美のぼるという漫画家はスゴイです!この破天荒さは、昔イカ天で「梅毒ジェラシー」を観たとき以来の衝撃。資料なんか見ず妄想力のみで描いていたらしいのですが、とにかく画の下手さとか、ストーリーのつじつまの合わなさとか、全て超越して好美ワールドに取り込まれます。水木しげるさんもそうですが、紙面から立ち上る熱気がスゴイ。描いて描いて描きまくってるな~。(ギャラのあまりの少なさからでしょうけど)
チープでディープな世界が好きな方にはぜひ味わってもらいたいもんです。

本書は暴走したストーリーに唐沢俊一さんとソルボンヌK子さんのツッコミが的確すぎてよけい笑えます。商業漫画に残れなかったのも頷けたり。。。
[PR]
by ruriwo_m | 2010-11-18 11:14 | 本・映画
<< ココロユサブルモノ ヒマナオバサン >>