<< キヲツケテ... ソノゴ >>

オモウコト

作家の田辺聖子さんが寄稿された文章を読みました。
ご自身が少女期に戦争が終わり、焼け野原になった日本で復興に向けて皆が頑張っているその風潮にどうしても馴染めず、取り残された気持ちになりながら、美しい文章・きれいなものに心を寄せて自分を慰めていた。衣食住、仕事に学校、生きていくのに必死な中でこんなことを言うのもと思われる方もいるかもしれませんが...と綴られてます。
とても共感しました。亡くなった人は二度と帰らない。復興も長い年月を必要とする。頑張りすぎて心が折れてしまわないように。本や音楽や好きなものに心を寄せてこれからの長い人生を生き抜いてほしいです。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-03-30 11:23 | あれこれ
<< キヲツケテ... ソノゴ >>