<< 『東京ムード』ライブ 神田イソルデ 茶渋 >>

『父・金正日と私 金正男独占告白』 五味洋治

e0144293_1041782.jpg
東京新聞記者が昨年亡くなった北朝鮮トップの長男と偶然出会い、メールを通し信頼関係を築き、独占インタビューに至る。
金正男氏は留学先で長年西側教育を受け、国の経済開放を唱え、そのため父親から危険視され中国に身を寄せるようになったそうです。飢えた祖国の民衆の噂を耳にすれば心が痛み、父の後継者となった腹違いの弟に真の統率者となってほしいと願う、私達側からすると普通の感覚をもつ、しかも頭の良い人物に見受けられます。
厚いベールに閉ざされた北朝鮮の内情はとても興味のあるところですが、正男氏が身の危険を感じるので出版しないでほしいと要請していたにもかかわらずジャーナリスト魂?で出版を断行したような経緯もあり、中国の保護があるとはいえ少し心配になります。
[PR]
by ruriwo_m | 2012-02-07 11:01 | 本・映画
<< 『東京ムード』ライブ 神田イソルデ 茶渋 >>