<< 『蚊トンボ白髭の冒険』 藤原伊織 『東京ムード』ライブ 神田イソルデ >>

『てのひらの闇』 藤原伊織

e0144293_14421857.jpg
リストラを宣告された大手飲料会社宣伝部の堀江は会長の自殺から真相を掴むために単独で動き出す。
アウトローな主人公、インテリヤクザ、気の強い部下の女子と、イオリン節全開です。魅力的な人物ばかりで、いっつもおんなじだって嵌ると「そこがいいんじゃな~い」作品に惚れるってそういうことだと思います。
続編の『名残り火』も同様に面白かった~。堀江と、ダンナと離婚してしまった(原因は堀江!)部下の大原さんの微妙な関係がいいです。二人の恋の行方を読みたかったな~。イオリンが亡くなってしまって残念でなりません。続きは妄想するのみです。
[PR]
by ruriwo_m | 2012-03-07 15:03 | 本・映画
<< 『蚊トンボ白髭の冒険』 藤原伊織 『東京ムード』ライブ 神田イソルデ >>