<< 不思議な忘れ物 『ひたひたと』 野沢尚 >>

『第2図書係補佐』 又吉直樹

e0144293_105944.jpg
よしもと芸人「ピース」の掴みどころのない方、又吉が送る「書評でない読書案内」
読書家で知られる又吉ですが、本の解説というより、「いつも傍らに本がある」と言うとおり、自身の生活・幼少期の想い出に深く密着した作りになっており、その暗さにシンパシーを感じたり(笑)また文章力が高いので読み物としてとても面白いです。本が読みたくなります。
又吉は国語の教科書の便覧から本読みが始まったそうです。私は何で本を読むようになったのかな~と考えると、小学校に入って友達と遊ばなければならない休み時間が怖く、教室にあった学級文庫をいつも机に入れて、休み時間になると学級文庫を読む人になってました。「クオレ」とか「シートン動物記」とか何度も読んで...暗い子だったな。そんな自分の切ない想い出も触発されるという、優れた本だと思います。
[PR]
by ruriwo_m | 2012-03-16 11:19 | 本・映画
<< 不思議な忘れ物 『ひたひたと』 野沢尚 >>