<< ダメナオトコ 『八日目の蝉』 角田光代 >>

モウソウブカツドウ

お誘いいただいている妄想部が活動開始されるそうだ。どんな活動をするのか楽しみだ。
妄想には2種類あるように思う。
1つは「実現される可能性のある妄想」もう1つが「実現不可能な妄想」
私はどちらかというと、「実現不可能な妄想」ばかりしている。別の言い方をすると、「まったく楽しくない妄想」かもしれない。

歳を重ねてからはだいぶ治ったけど、子どものころは「妄想に悩まされる」ことが多かった。
塾の行き帰り、今にも崩れそうな掘っ立て小屋に老人がいつもうずくまっていた。浮浪者だったのかもしれない。怖くて、いつも走って通りすぎた。
ある日、小屋の前に咲いていた野花を手折った。そのなんでもない行動が、その後私を苦しめることになる。
翌日から老人の姿はなかった。私が殺したんだと思った。野花を手折ったから老人は死んだんだと思いこんだ。とても怖かった。

今でも花を手折ることはできないし、ごきぶりや蠅に殺虫剤をかける時にもかなりの覚悟がいる。妄想というより、強迫観念といったほうが近いかもしれない。
[PR]
by ruriwo_m | 2008-04-01 11:34 | あれこれ
<< ダメナオトコ 『八日目の蝉』 角田光代 >>