<< ビーエルニツイテ② ナキドコロ >>

ビーエルニツイテ①

あぁ、またやってしまった。
ほんとに学習能力のないルリヲさんだ。
三浦しをんさんのエッセイが文庫で「新刊!」とでていたので、即買いしたら、既に単行本で読んでいた。二度買いよくやるんだよね。最近本屋にいかないでネット買いだから中身の確認ができないんだよ。『名探偵コナン』なんか同じ巻を何度買ったかわからん。
だけどしをんさんの本なら何度買っても損した気にならない。これは布教活動に活用しようと思う。(つまり人に薦める)人にあげる前には自分でも読む。何度目でも面白いもんは面白い。
しをんさんとは気が合うので、(勝手に思い込み...)共感できる部分が多々ある。

「白泉社系の男がすき」

まったく同感でありますよ。
白泉社の漫画って、どうしてこう、萌えるのだろう。BL魂が疼く。

ルリヲはいわゆるBLモノ好きだけど、一番好きなのは「BLじゃないんだけどどうしてもBLに変換してしまう」ものなのだ。男同士の友情には、女なんぞとうてい入り込めないエロオーラが漂ってる。

そしてルリヲが選ぶ【白泉社BL大賞】に輝くのは、『南京路に花吹雪』の黄子満だ。
もう20年以上も昔の漫画だけど、未だに黄以上の男子には会えない。一生会えない気がする。

長くなったので続きは次回に。さて、仕事仕事!
[PR]
by ruriwo_m | 2008-05-15 11:01 | あれこれ
<< ビーエルニツイテ② ナキドコロ >>