<< クリスマスコンサート イチネン >>

『グロテスク』 上・下 桐野夏生

e0144293_2339308.jpg友人に桐野さんの小説を貸したところ、「夜うなされて怖かった」と言われた。
そうか、万人受けする小説じゃないんだ。
私は時々偏りがあると指摘されるけど、これくらいガツンと喰らうものでないと、最近読んだ気にならない。もう村上春樹なんか、なに大の大人がおとぎ話みたいなこと言ってんだよ~とか思っちゃってさ、あんなに好きだったのに....とブツブツ言うと、心が汚れてんだよと笑われた。そうなのか。

前置きが長くなりましたが、そんな私のお薦めです。
私・妹のユリコ・和恵・ミツル 名門女子高で過ごす四人のその後の人生をそれぞれの言葉で綴る。嘘と誇張と悪意の中でどのような【怪物】が育つのか。人間の、きっとほんとは誰もの心に巣喰らう最も人間的な感情を。
「東電OL殺人事件」を下敷きにしていますが、まったく別のフィクションです。
[PR]
by ruriwo_m | 2008-11-01 01:00 | 本・映画
<< クリスマスコンサート イチネン >>