<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ヤッパリニホンジン

e0144293_12573551.jpg
急に寒くなった。日中でも最高気温20℃に届かない。
仕舞ってあったポットを洗って、いよいよお茶の季節。
【一保堂茶舗】の煎茶をだした。寒くなってから初めて開けるお茶は特別美味しいのが飲みたいので、手に入ったとき冷凍保存しておく。甘くてまろやかなお茶が昨今人気のようだが、この煎茶は甘みとまろやかさの中にもしっかりと渋みも主張している。茶葉が針のように尖ってつやつやしているところからもよいお茶ということがわかる。
それにしても季節の移ろいが早いな~。
(←このレトロな茶筒が好き)
[PR]
by ruriwo_m | 2008-09-29 13:19 | 食べもの

ソウサク③

彼は私を「キミ」と呼びます
そのときだけアタシは「キミ」になります
彼は珈琲を落としながら、目を伏せアタシにこう言うのです
「キミほど下品な女はいない」 と
苦しそうに、しかしごくわずか声を弾ませ語尾を震わせるのを
アタシは見逃しません
だからアタシも彼を「アナタ」と呼びます
そうすることで二人の間には気韻が生じるのです
それは私たちを分かち、同時に関係を強要するのです


***

友人たちと、夫婦でなんて呼び合っているか?ということが話題になり、
私は奥さんを「キミ」と呼ぶ人がいたら素敵だなと思ったのです。
品があり、なおかつねっとりしている感じがたまらんですね。
[PR]
by ruriwo_m | 2008-09-28 22:06 | 創作

ニクヲクウ

e0144293_13245242.jpg
たまにはハラいっぱい食べちゃったっていいのだ。
ポークの誕生日に、『龍苑』という焼き肉屋へ行ってきた。肉が大きくて厚くて食べがいある~。タン塩もカルビもハラミもミノも、ユッケもクッパもビビンバも、み~~んな美味しかった。やっぱりチェーン店とは違うね。お値段もそれなりだけど、また行きたいな~~。
場所は浅草の観音様の向こう、千束通り商店街の中ほどです。チャリで15分くらいかかるのでけっこう遠い。同じ店名で竜泉に本店としてあるようですが、今はそちらは経営者も変わり別の店なのだそうです。よく話題に上がるのは千束のお店なので間違えないように気をつけて。
[PR]
by ruriwo_m | 2008-09-26 13:37 | 食べもの

ブドウカンエカエル

筋肉少女帯武道館ライブ『サーカス団、武道館へ帰る』へ行ってきた。
筋少はいつも安定して楽しめるからいいな。懐かしの曲から新譜まで、過去メンバーも駆けつけ、筋少ファミリー?筋少ドリームズ?筋少同窓会?になって、最高に盛り上がった。キツタカさん相変わらずステキ!ミシバさんピアノすごっ!ミノスケさんがかわいかったなぁ。さすが役者!役者魂!
ところで、オーケンのバテぶりは大変なものだったよ~。中盤で「血糖値さがった~誰かチョコもってきて~チョコちょうだい~」とごねごね。ステージでごろごろ(笑)客席からチョコ投げられたり(笑)さすがオーケン話術で笑いにしてたけど、四十すぎにロックのライブはキツイんだろうな~。そういう客席もMCに入るとすかさず座っちゃったり(笑)私もね。あーみんな歳だ~~。
[PR]
by ruriwo_m | 2008-09-25 15:05 | 音楽・芸能

『OUT』 上・下 桐野夏生

e0144293_22525180.jpg
弁当工場の夜勤仲間のふつうの主婦4人がバラバラ事件に関わる壮絶な犯罪小説。
寝たきりの姑を抱え、あるいは消費者ローンに追われ、あるいは夫との不仲、そんな日常の不満を爆発させた先がバラバラ死体遺棄だった!
4人のうちの雅子は少し周囲とは違う。いつも憎らしいほどに凛として強かった。しかし、内に絶対的な孤独を抱えていた。そして宿命的に佐竹という男と対峙することになる。佐竹も自分を埋めてくれる女性を欲していた。過去に「快楽殺人鬼」と呼ばれていた男が....。
倫理的に間違ったことてんこ盛りです。どいつもこいつもといった感じです。なのに引き込まれずにいられません。人として「OUT」したその先、いったい何が見えるのか、知りたいです。
桐野さんの作品に触れたいと思うあなた、『OUT』読んでください。
[PR]
by ruriwo_m | 2008-09-20 23:28 | 本・映画

『柔らかな頬』 上・下 桐野夏生

e0144293_22304983.jpg
カスミが夫の友人である石山と逢瀬を重ねるうち、娘が失踪してしまう。一人娘を探し続けるカスミ。ですが最後まで事件はなんの解決もみられません。これは推理小説の類ではなく、桐野さんの小説によくみられる自分探しという文学的な要素が強いように思われます。
しかしカスミの行動には行き当たりばったりな感が否めず、直木賞受賞作品ですが残念ながら私的にあまり好きな作品ではありません。
[PR]
by ruriwo_m | 2008-09-20 22:51 | 本・映画

『竜の眠る星』 清水玲子

e0144293_1530109.jpg
そっと寝かせつけて心の奥底に沈ませたはずの感情が何かのはずみで甦る。苦しくてやりきれない、そんなときによく読み返すのがこの漫画です。
近未来の地球。アンドロイドのジャックとエレナは、竜の住む星へ旅立っていく。そこで待ち受けるエレナの辛く苦しい過去。その過去をエレナは何も憶えていない。人が百歳くらいまでしか生きられないのは、愛情・別れ・裏切りといった感情の重さにそれ以上耐えきれないからなんだそうです。そして精神に異常をきたすほどの辛い体験をエレナは自動的に記憶から削除してしまう。死なない・狂うこともできないアンドロイドのエレナは、そうしないと生きていけないから。
王女モニークの母親への愛情が痛々しい。そして女王の真実の気持ちとは...何度読んでも泣けます~!
[PR]
by ruriwo_m | 2008-09-19 15:51 | 本・映画

サービスモスギレバハンザイ

急に部屋の片付けをしようと思い立ったのには訳がある。
先からサービスが開始されたGoogleのストリートビューで自分ちチェックして真っ青になってしまった。窓に映るカーテンがぐちゃぐちゃ~。窓は磨りガラスなので中は見えないものの、あれはショック。実はカーテンはずっと気になってた。見て見ぬふりしてたツケか~~?
カタログを見ながら今度はブラインドにしようかと思っている。木目調とかカラーものとか、部屋に合うのがあるようだ。そして窓周りを気にしたら部屋の中まで気になってしようがなくて。二日間Off日があってよかった~~。
それにしてもストリートビューは犯罪ちっくだ。頼んでもいないのに勝手に撮影して。ブラインドを取付けたら画像を交換してもらいたい。
[PR]
by ruriwo_m | 2008-09-17 16:25 | あれこれ

レンキュウノデキゴト

昨日一昨日、部屋の片付けをした。基本は捨てること。ごみ袋3つと、ダンボールに大量の本と漫画。あーさっぱりした。
連休の初日、ポークってば試合でケガをして、3週間運動禁止になってしまった。ただ今秋季大会中、2回戦はポークが投げられないと5年生の子が投げるしかない。おわったな~。みんな、ごめん。
というわけで、あとの2日間は動けずに転がってるポークのお世話をしながら、片付けに没頭してた。本棚がすっきりして気持ちいい~~。
[PR]
by ruriwo_m | 2008-09-16 14:31 | あれこれ

オトナノトラウマ

e0144293_14103139.jpg
『AUTO-MOD』大好きな友人がいて、一緒に行かないかと誘われたので、ライブに行った。すごく楽しめたんだけど、実は行ってからずいぶん日にちが経っちゃったので、また秋のライブに行ったらレポートしたいと思う。
その時に貰ったチラシが←これ。『サディスティック・サーカス』(20歳未満禁)
ちょっとプログラムを読んでみよう。「前衛的破壊生花・淫靡な花弁の活け造り」「切腹無惨!壮絶・地獄の花魁心中ハラキリショー!」「秘儀式・昇天浮遊!肉体サスペンション交響曲!」ソソラレル~!
桐野夏生さんの『顔に降りかかる雨』にフェティッシュのステージを観にいくシーンがあって、観客たちが皆おとなしくて礼儀正しいという記述があり、あ~それなんとなくわかるなーと思った。たぶんふつうのライブよりも静かだろう。それが恐いといえなくもないけど。
行きた~い!けど難点がオールナイトっちゅうことだ。無理だよねぇ。
[PR]
by ruriwo_m | 2008-09-11 14:32 | 音楽・芸能