<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『不思議な少年』 『不思議な少年第44号』 マーク・トウェイン

e0144293_13212587.jpg

今秋にマーク・トウェインの自伝書が発売されるそうですね。
死後100年は世に送り出してはいけないとの遺言を守っての出版らしい。興味はあるけどきっと買わないな。3部作上巻だけで3200円というし、5000頁の原稿ってまた....時間のある方はどうぞ。

マーク・トウェインというと一般的に『トムソーヤーの冒険』などの児童文学が有名ですが、私的にはペシミズムに囚われた晩年の作品が大好きです。

オーストリアのある村に子ども達が遊んでいるといつの間にか少年が現れ、人間界では不可能な魔術のような不思議な現象を次々と作り出し、子ども達はすっかり少年に魅了されてしまう。少年は自分は天使だと告げ、名前をサタンと名乗った。

サタンくん(天使)から見た人間は愚悪すぎてお話にならないといった調子ですが、子ども達と遊ぶサタンくんはなんだか楽しそうで、ウツ状態で書かれた作品なのに(だからか?)めちゃめちゃ面白いです。翻訳ものの文学作品としては長くこの本が一番好きでした。

ところが『不思議な少年』はマーク・トウェイン死後、弟子たちが未完の原稿から作り上げたまったくの偽物であることが発覚し、1994年ほんものであるとされる『不思議な少年第44号』が発売されました。
それだけでも衝撃なのに、もっと驚いたのがこれがまったく面白くない。かなり苦労して読んだ気がする。う~ん。。。

まぁ、偽物ではあったけど、『不思議な少年』(岩波文庫)の方をお薦めします。
偽者だってホンモノを越えることがあったっていいと思います。
[PR]
by ruriwo_m | 2010-05-28 13:59 | 本・映画

イツモポケットニ・・・

e0144293_1535955.jpg
今年はショパン生誕200年。だからというわけではないけれど、いつか弾けるようになったら・・・と思っていたショパンのノクターンを今度の発表会で演奏することにした。

「いつかノクターンを一緒に弾こう」
幼い日の約束
麻子ときしんちゃん

うう、これだけで泣けてきそう。
くらもちふさこさんの「いつもポケットにショパン」を読んでからン十年も経ってしまった!けど、やっと夢がかなう。でもこれが難しいんだ。ショパン的にというのが難しい。他の作曲家と全然違って感性のヒトだから。ふーっ。



んで、最近はちょこっと曲作りの勉強もさせてもらってる。すごい初歩だけど、コードだけ提示されて曲つくってくみたいなこと。なんどやっても上手くいかなくて、なにがかというと、コードに沿って曲を書くと異常につまらないものにしかならない。考えて別の方法で試してみた。曲を作るんじゃなくて、歌をつくっちゃおうと。
多少おかしいとこがあってもこっちの方が断然おもしろいと思う。先生にも笑ってもらえたし。笑ってもらえればいいのか?いいのだ。上手いと褒められるよりウケてほしいもんね。

歌詞だけ書いとくね。

『首が痛い 朝になると枕がはずれてる
神様 お願い give me fine morning~♪』

おわり(笑)
[PR]
by ruriwo_m | 2010-05-26 16:09 | ピアノ

フクロ

e0144293_14413543.jpg
なにコレ!?【キン・・・タマヤ】???絶句・・・

なわけない。キンに見えたのは商号のようで、ほんとは【タマヤ】さんでよいらしい。
しかし意味深すぎる、このフクロ。薔薇模様もアヤシイ。
[PR]
by ruriwo_m | 2010-05-22 14:46 | あれこれ

漫画 『インノサン少年十字軍』 上・中巻刊行 古屋兎丸

e0144293_10564227.jpg
北フランスの村で奇跡の子エティエンヌは神の啓示を受け、12人の仲間と共に「少年十字軍」を結成した。
聖地エルサレムを目指し出発した彼等に過酷な運命が待ち受ける。

歴史上の史実を元に描かれています。
上巻はまだ希望に燃え無邪気な少年達の姿が愛らしく、キャラも一人一人が個性的で可愛いくて萌え萌え。まだまだ安心して読めます。
中巻にきて、支援してくれていたはずのテンプル騎士団の策略に陥り、殺戮の渦に巻き込まれていきます。ここらへんからは残酷描写が激しくなるので見たくない人は要注意です。
大人の欲望・仲間の裏切り・エティエンヌの奇跡はまやかしだったと知る絶望、さらに襲いかかる残酷な運命・・・史実通りなら下巻は目を覆いたくなるような悲劇が描かれていることでしょう。
少年達の苦痛は可哀想だと思いますが、やっぱりストーリーが断然面白いです。早く続きが読みた~い。
[PR]
by ruriwo_m | 2010-05-20 11:42 | 本・映画

『ロスト・シンボル』

e0144293_15503928.jpg

超常ものや陰謀ものが大好きです。
『ロスト・シンボル』発売に合わせ、にわかにこの手の本が多数店頭で見かけるようになった気がします。
私も新規に購入したり、手元にあるのを再読したり、最近はこんな読書傾向でした。

中でも秘密結社が好き。「薔薇十字軍」や「テンプル騎士団」、「フリーメイソン」などの有名どころも興味深いけど、やっぱ犯罪集団的密教は萌えますね。胸がバクバクする(笑)
「サッグ」 「K・K・K」 「鋼鉄心臓団」 「黒手組」
結成当初は街の治安を守る組織だったのが、次第にエスカレートしてテロ組織や差別的暗殺集団になるパターンが多いようですよ。
秘密結社・・・憧れる~~!

『ダ・ヴィンチ・コード』も面白かったし、『ロスト・シンボル』が映画化されたら観たいな。
[PR]
by ruriwo_m | 2010-05-19 16:10 | 本・映画

デート

e0144293_13291698.jpg
NUTSちゃんにお誘いいただいて一緒にお出かけ。

←【1960~1970年代 日本のアヴァンギャルド 幻想と異端の図書室Ⅱ】 
(渋谷Bunkamura Gallery 5/19迄)

横尾忠則さん金子國義さん多賀新さん四谷シモンさん丸尾末広さんなどの絵画やポスター、唐十郎さん澁澤龍彦さん寺山修司さん三島由紀夫さんなどの稀少限定本が展示されており、エロチックかつサイケな世界観に暫し興奮し見入ってました。
これらの方々が活躍されていた年代、私はまだ小さくて、こんな魅惑な世界をリアルに知ることができなくてそれがとても残念。




e0144293_13423511.jpg
そして、nutsちゃんからお土産をいただき感激♪
←【乱歩パノラマ出版記念 丸尾末広展】で直筆サインを私のために貰ってきてくれたのだ。ありがと~~。ほんと嬉しい。宝物じゃ~♪♪

日々の生活疲れですっかり出不精になってた私。これではいかん。やっぱアンテナ張って情報収集せにゃね。
nutsちゃん、またデートしよう!
[PR]
by ruriwo_m | 2010-05-14 13:57 | あれこれ

ハルドラ~

TVを買い換えたので、最近テレビっ子になってる。
今観てるドラマは【ゲゲゲの女房】と【新参者】
両方に共通するもの、わかりますか~?
セイカイワッ!向井理くんです♪もう、1日1回は「向井くんてかっこいいよね~(ハート)」と言ってる。
ノダメの変人「菊地くん」も、ハチクロのメガネ男子「真山くん」もスルーしてきちゃってたことが悔しいわ。

しかし、ほんとに一番楽しみにしてるドラマはコレ。【三代目明智小五郎~今夜も明智が殺される~】
かの名探偵、明智小五郎の孫が駄目探偵だったら?毎回冒頭に何者かに殺され、幽霊姿で助手の小林くん(女子)に助けられながら事件を解決していき、番組終わりにはちゃんと生きかえるという、ゆる~いコメディです。最近は三代目二十面相も登場し、人騒がせなだけな馬鹿げた事件を起こし明智に挑戦し、さらばと去ってゆき、ますますオモロイ~。
乱歩好きならパロティとして楽しめるんじゃないかな。
[PR]
by ruriwo_m | 2010-05-12 12:45 | あれこれ