<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヒカリクラブ ゼンヤ

e0144293_14232334.jpg
眼球舐め萌えるっ♪バタイユか!

私もゼラさまに眼球なめなめしてほしいよ~

妄想だけでもきもちいい....ハァハァ....

ネットで連載してたヒカリクラブ前夜版が来月発売されるらしいです。楽しみ。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-10-28 14:31 | 本・映画

ジーザス花園 ライブ

e0144293_14344674.jpg

10月23日 新宿CrawdaddyClub、ジーザス花園さんのライブに行ってきました。
久しぶりのトリオ編成で、ジーザスさんのGガン弾きも最近じゃ珍しい姿でしたねー。歌いながら弾くのって難しそうだわ。でも、Gソロとか、マジかっこいいです!けっこう特徴あるし。
新曲の『もれちゃった』(でいいのかな..?そんな風に聞こえた~)
「絶対大丈夫って言ったのに、コントロールを失って、俺の燃料棒ももれちゃった~♪」
期待通りのオチでテンションあがる~!
震災以降多くのミュージシャンが原発関連の曲を作ってますが、原発コラボアルバムを作ったら是非この曲を入れてほしいと思います。加えてマッ●ーの原発の恩恵に感謝しろっという謎の曲も入れてほしいです。反原発の、それが正しいことでも、みんながそうだそうだと頷くばかりでは逆によくないと私は思うので、このご時世に何考えてんだーと、人々に呆れられるだろう曲を作ったジーザスさん(&マッ●ー)は立派だと思うし、私はこの曲が大好きです!
なぜかずっと封印されてきた『ヒ・ミ・ツ』姉と弟のイケナイ恋の歌。久しぶりに聴けて超感動!時々やってくださいね!

ほとんど何も食べず飲んでばかりで、帰りの電車で半分寝てたわ~。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-10-26 15:03 | 音楽・芸能

『軽蔑』 中上健次

e0144293_13311171.jpg
歌舞伎町のトップレスバーのダンサーまち子と、チンピラのカズさん。逃避行の末、二人はカズさんの田舎へ辿り着く。都会では一人の男と女として対等な関係でいられたのに、田舎では資産家のぼんぼんがストリッパーの嫁さんを連れてきたと好奇の眼でみられ、さらにカズさんを取り巻く女たちの怨念に気持ちを絡め取られ、まち子は歌舞伎町へと戻ってしまう。そんな中、賭博にのめり込むカズさんの姿があった。

名画座デビューいたしました!飯田橋ギンレイホール。
座席から飛び出た頭部は禿げと白髪が目立ちますね~。ギンレイホールの常連さんなのか、中上健次ファンなのか、両方かな。
映画の方は、出演者頑張ってたけど、小説に一歩及ばず...ってかんじです。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-10-21 13:46 | 本・映画

マサコ ト モモエ

NEWSから主要メンバー2人が脱退するそうで。知らなかったけど、結成当初は9人編成だったそうですね。
で、過去脱退したメンバーの一人が【ONEOKROCK】というバンドのVoです。森・森夫婦(元)の息子だけあって歌唱力ハンパない!はっきりいってじゃにーず辞めてよかったと思う。
若い子達の中でこのバンドがイチオシかな~。(最近娘に教えてもらって若い子バンドもずいぶん覚えてきたのだ)
YouTubeが埋込めなくなってしまったので興味のある人はこちらを~
森・森の面影を探してしまう自分がいます。しんいち似かな~いや、まさこにも~(笑)
とりあえず、息子対決ではももえよりまさこが勝ったような気がします。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-10-12 11:35 | 音楽・芸能

アイサツ

先日、友達の家からの帰り、夜道を急いでいると二人の男女がお互いベビーカーを押して歩いている。夫婦かと思ったら、交差点で別れの挨拶を始めた。
・・・まではフツウだけど、ほら、よくあるでしょ?親が子どもに言わせる場面。
2歳くらいの子に「こういうときなんて言うの?」とか言って、(バイバイだろ~)と考えてたら、「ほら、おつかれさまでした!でしょ?」
えっ?と思う間もなく、もう一人が自分の子に向かって「しつれいしま~す、は?」
業界人か!?と心の中で一人ツッコミ。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-10-11 13:57 | あれこれ

『緑の毒』 桐野夏生

e0144293_9535267.jpg
妻あり子なし、39歳、開業医。趣味、ヴィンテージ・スニーカー。連続レイプ犯。

帯に書かれた文句からは、邪悪さが立ち上って、読む前から期待大。ほんとに、まったく、見事なまでに共感を得られない登場人物達。全員駄目。桐野さんらしくてにやにやしながら読み進みます。
その手管から悪事がばれ、追い詰められ、焦燥する開業医の転落っぷりが気持ち悪すぎて逆に爽快です。(変か?)
桐野さんは、女性の犯罪者にはいつもラスト逃げ道を作ってあげるのに、男だと容赦ないですね。そこがまた小気味よくて(笑)

作者の中ではかなりあっさりした物語でした。ほんとはいわくつきの登場人物らをもっと掘り下げて描いたら面白いけど、今の私にはさくさく読めてちょうどよかった感じです。
なにしろ9月は忙しすぎた~。これからのんびりと本でも読みたいな。秋だしね!
[PR]
by ruriwo_m | 2011-10-08 10:13 | 本・映画