<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ライネンノモクヒョウ

来年の目標をここに書きます。

「NO!と言える自分になる」

いつもコーヒーを挽いてもらうお店に買いに行き、ついでにミルクも購入しました。そしたらそのおばちゃんに「賞味期限一か月になったのがあるから半額にしたげるからこっち買って」と言われ、私しかミルク使わないし50個もあったら賞味期限切れてしまうじゃないかという心の声は口に出せず「は~」と曖昧な返事をして古いの買わされるという失態を犯しました。
そういえば前に友達に「見た目がボンヤリしてるから角がなさそうに見えて得だよね」と言われましたが、言い換えるとつけ込まれやすいとも言えないでしょうか。
来年は頑張って嫌なものは嫌と言えるようにしたいと思います。
そして欲しいものは欲しいと素直に言えるようにもなりたいな~。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-12-29 11:30 | あれこれ

スマホ

「ドコモがiPhone発売したらスマホにしようかな~」
などと話しておりましたら、シンイチ君が
「誰からも電話もメールもこないからケータイ解約しちゃおうかと思って...」
「マックのサイトに登録すれば毎日メールくれて寂しくないよ」と教えてあげました。しかし私は知ってるぞ。せっかく誘われても用事なんかないのに必ず一度は断わるってこと。めんどくさい奴っちゃ。
仕事サボってお茶飲みにくんなーと言いたいけど、でもお薦め本を持ってきてくれたので許します。彼女いない歴40年。来年はよい縁に巡り合いますよう、私も祈ってあげるよ。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-12-28 11:21 | あれこれ

メリィクリスマス

e0144293_17524890.jpg

愛を込めて。
健康の願いを込めて。

ウチから見えるスカイツリーです。今日はクリスマスイブで点灯されました。次回は大晦日ですよ。
蒼白い光がきれい。写真ではよく映らないな。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-12-24 17:52 | あれこれ

『ぼくらの☆ひかりクラブ』 古屋兎丸

e0144293_10461923.jpg
『ライチ☆光クラブ』の前日譚・小学生編です。
黒煙を撒き散らす工場の中、社会の底辺の町に住む少年達は廃工場に集い「光クラブ」と名づけた。放課後の秘密基地で無邪気に遊ぶ彼らがグランギニョル(残虐物語)へと突き進んでいった形跡をたどります。
ライチ~での悲惨な結末を知っているだけに彼らの無邪気さが切ないです。ところどころに本編を匂わせる伏線があって、ここで引き返せばあの残虐殺戮は避けられたのに...と何度思ったことか!しかしそれが刹那を生きる少年達だからこその一瞬のきらめきなのです。
タミヤがかっこよすぎ。あの半ズボンから伸びた細い脚、それにサスペンダー!!鼻血がでそう(笑)正義感が強くて仲間想い。真のリーダーはやっぱりタミヤだよ~。くっ!惚れる。それなのにイケナイ私が悪の帝王ゼラに惹かれるのでありました。はぁぁぁぁぁ~
BLの匂いもプンプンしますよ(小学生なのに~)これからどんどん辛い展開になっていきますが、中学生編の発売が待ち遠しいです。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-12-17 11:27 | 本・映画

デキルコトヲ

原発の是非を問う住民投票実現のため、東京都と大阪市で署名活動が始まりました。
活動に賛同される方は是非足を運んでください。


   《東京都原発都民投票・大阪市原発市民投票》
[PR]
by ruriwo_m | 2011-12-12 13:17 | あれこれ

『審判』 フランツ・カフカ

e0144293_12451351.jpg
銀行員のヨーゼフ・Kは、ある朝突然逮捕された。だが拘束されることはなく、これまで通り銀行へ仕事に行くことができる。誰にも言わないのに多くの人が興味本位な関心を向けてくる。しかし誰が何の罪で告訴したのか不明のまま。裁判の手続きをとろうにも、裁判所がどこにあるのか、裁判員は誰なのか、全てが雲のように掴むことができず、Kは不安と焦燥感で仕事も手につかなくなるが、右往左往するばかりで時が過ぎ、ついには死刑執行の時を迎える。。。

カフカの不安と不条理の世界が全開で、すっかり嵌って読んでいました。カフカの小説の主人公にKが多いのは自己投影の表れですね。
『絶望名人~』を読んだばかりで思うことは、カフカは自分を天才だと知っていたのです。世間に受ける「売れる小説」を頑として書こうとせずスタイルを守り通した信念は素晴らしいです。友人に原稿を託したのも、いずれ時代が来ることを予見していたのでしょう。
ただ、残念ながら全てカフカが執筆したかというと疑わしい面もあります。ノートに書かれた物語は断片的であり、つじつまが合わない章は後ページにおまけ的にまとめられていますし、だとしたらつじつまが合うように編集されたと予測がつきます。
それでも多くの作家がカフカに影響を受けたように、今でも世界中に多くのファンがいるように、唯一無二の作家であることは間違いありません。
[PR]
by ruriwo_m | 2011-12-10 13:31 | 本・映画